【簡単】人生がつまらないときにやるべき、たった1つのこと【20代】

人生がつまらない

こんにちは、りさです。

・同じことを繰り返す日々が、つまらない
・人生楽しくしたいけど、できるだけお金はかけたくない
・継続は苦手だから、劇的に変わりたい

こういった疑問に答えます。

りさ

この記事を書いてる私は、20代の会社員です。
つい最近までの私も、
「起きて、会社行って仕事して、帰ってきてご飯食べて寝て、また起きて…」
という何の面白みもない日々を繰り返していました。

しかし、半年前のたった一つの行動を境に、
新しいことを学んで挑戦するようになり、
楽しい毎日を過ごしています。

(スポンサーリンク)

目次

やるべきことはたった一つ:片づけしましょう

片付けをする

これだけ?って思ったかもしれません。

本当にこれだけです。
「だまされた」と思って、続きを読んでみてください。
「なぜ片づけで人生が変わるのか」、こちらの本をもとに解説します。

片づけが効果的な理由

繰り返しますが、片づけは人生を劇的に変えます。

その理由を、ご紹介した「人生がときめく片づけの魔法」から、3つ取り上げます。

片づけが効果的な理由①

片づける理由①

モノを一つひとつ手にとり、ときめくモノは残し、ときめかないモノは捨てる。

ーときめくモノに囲まれた生活を送ると幸せになれる

人生がときめく片づけの魔法 p.62

例えば、毎日服を選ぶ時のことを、考えてみてください。

どちらのクローゼットの方が、気分が上がりますか?

  • 特にお気に入りの服はないけど、着れる服が50着あるクローゼット
  • 自分のお気に入りの服が、10着だけあるクローゼット

問答無用で、後者の「お気に入りの服だけのクローゼット」だと思います。

しかし、多くの人は前者の
「とりあえず大量の服があるクローゼット」の状態に陥っています。

この状態だと、こうなりますよね。

「服はたくさんあるのに、着たい服が無い…」

片づけをすると「着たい服が無い」状態から抜け出せます。

なぜなら、「着たい服が無い」のではなく、
「大量の服のせいで本当に着たい服が埋もれている」からです。

思い切って、気に入らない服(著書内の言葉で表すと「ときめかない服」)は
全て捨ててしまいましょう!

 

いやいや、それじゃ着る服が無くなっちゃうよ


その気持ちもわかります。

ですが、実践したこの私が保証します。服はなくなりません。

私は片づけを実践し、‘’20ℓのごみ袋3つ分‘’の服を捨てました。
しかし、あの服捨てなきゃよかった…という後悔は、一度もありません。
むしろ、朝クローゼットを開ける度に
「今日もお気に入りの服が着られて、ハッピー」という気持ちです。

例として服の片づけをご紹介しました。

その他の場所も片づけによって、家中に好きなモノしかない、
素晴らしい空間を作り出すことができます。

そう考えただけでも、人生が変わりそうな気持ちになってきませんか?

片づけが効果的な理由②

片付ける理由②

片づけをして部屋がさっぱりきれいになると、

自然と自分の気持ちや内面に向き合わざるをえなくなります。

目をそらしていた問題に気づかされ、いやがおうでも解決せざるをえなくなる。

片づけはじめたそのときから、人生のリセットを迫られるのです。

人生がときめく片づけの魔法 p.36
 

そんな~、片づけただけじゃ何も変わらないよ。

私ももちろん思いました。
片づけを行ってもマイナスなことは何もないので、
一度行ってみてください。

片づけを終えれば、驚くべきことに
「前から気になっていたことをやってみよう!」

という気持ちがわいてきます。

家にいるとき、「クローゼット片づけなきゃ」「キッチン掃除しないと」と、

無意識のうちに家のことで頭がいっぱいになっていませんか?

片づけをすることで、モノが適切な位置にピタッと収まり、掃除がしやすくなります。
その結果、片付けや掃除について、あれこれ考えることがなくなります。

  • 片づけによって、これまで挑戦できていなかったことを考える、時間の余裕が生まれるのです。

余談ですが、片づけをしてから半年間で、私が挑戦したことはこちらです。
・インスタグラムで情報発信
・お金の勉強をして、節税対策&投資開始
・月2~4冊読書
・食事と運動管理でダイエットに成功
・本ブログの開設 等

片づけによって、部屋だけでなく頭の中も整理され、
これまでの自分にはない「行動を起こす余裕」が生まれます。
行動している人生が、つまらないわけありません。

片づけが効果的な理由③

片づける理由③

自分が本当に好きなモノの根っこは、時がたっても変わらないと私は思います。

そして、その根っこを見つけるのに片づけは大いに役立つのです。
ー部屋を片づけると、なぜかやりたいことが見つかる

人生がときめく片づけの魔法 p.236一部改変
 

「片づけによって、もともと挑戦しようと思っていたことを行動する余裕が生まれる」のはわかったけど、「もともと挑戦したいこと」なんてないよ…

そうですよね。続きを読めば、自分の未知なる可能性に気づけます。
「人生がときめく片づけの魔法」内で紹介されている例をご紹介します。

もともと大手IT企業に勤めていたAさん。
片付けをして自分の本当に好きなことを見つけました。
片づけを終えてAさんが気づいたことは、本棚には社会福祉関係の本だけが残っていること。
社会人になってから買った本はすっかりなくなったのに、
中学生の頃に買った福祉の本は、残っていたのです。
その結果、Aさんは中学生の頃の情熱を思い出したことで、
起業し毎日仕事に励んでいるそうです。

やりたいことのルーツは、自分が思っているよりも、ずっと昔にあるかもしれません。

片づけは、そのルーツを見つけ、ヒントを与えてくれます。

片づけをすることで得られる効果をまとめます。

自分の好きなモノに囲まれる → 日々の生活が楽しくなる
・やりたいことを考える時間ができる → 行動力が上がる
・やりたいことのルーツが見つかる → 自分の好きなことと向き合える

片づけを効果的にするために気を付けるべき点

これまで、「片づけによって人生が変わる理由」についてお伝えしてきました。

しかし、これまでのあなたの人生で、幾度となく片づけを行ってきたにも関わらず、「人生なんて全く変わらなかったなあ」と思っていませんか?

人生を変えるためには、「効果的な片づけ方」があります。

人生を変える「効果的な片づけ方」についても、「人生がときめく片づけの魔法」に記載されています。
その主な注意点についてお話しします。

・その1:一気に、短期に、完璧に、まずは「捨てる」を終わらせる(p.52)
・その2:触った瞬間に「ときめき」を感じるかどうかで判断する(p.59)
・その3:同じカテゴリーのモノは、まとめて一気に判断する(p.64)

その1:一気に、短期に、完璧に、まずは「捨てる」を終わらせる

片づけを一気に終わらせると、「これまでのモノであふれた状態に戻れない!」というショックを覚えます。

徐々に変化していくと、人は慣れを生じてしまうので、人生に劇的な変化を起こせません。

これまで私も、幾度となく片づけをしていました。

その時は「今日はクローゼットの中だけ片づけよう。明日はキッチン周りだ…」と徐々に変化する方法で片づけており、「なんだかいつも片づけてない?」という状況に陥っていました。

それでは、やりたいことと向き合う時間は生まれません。
片づけるときは、一気に、短期に、完璧に、まずは「捨てる」を終わらせましょう。

その2:触った瞬間に「ときめき」を感じるかどうかで判断する

捨てるときの判断軸は、ときめくか否か。

モノを一つ一つ手に取って向き合うと、自然とモノに対する自分の気持ちが分かります。

ときめいたモノだけ残せば、自分の好きなモノに囲まれた生活を送れます。

その3:同じカテゴリーのモノは、まとめて一気に判断する

モノを捨てるとき、場所ごとに捨てていませんか?
でも意外と、洋服類だったら、クローゼットの中、ベッドの下、靴箱の中といろいろなところに点在しています。

それらをまとめて、モノを捨てるか否か判断すると、驚くほどモノを手放す判断がしやすくなります

まとめ

本記事では、片づけが「つまらない人生を変えてくれる」ことをお伝えしました。
片づけであれば、今すぐ誰でもノーリスクで実行できます。


片づける→やりたいこと、やらなければならないことを考える時間が増える→行動する→人生楽しくなる

片づけというスイッチを押して、楽しい人生のレールに乗りましょう。

今回お話しした片づけのマインドも含め、
捨てるときの細かいポイント、収納のポイント等、詳細については著書「人生がときめく片づけの魔法」内に記載されています。
「人生変えたいな」と思った方は、ぜひ本書をご覧ください。

りさ
ハッピーガール
26歳、会社員。北海道大学出身。ハッピーに過ごせる世の中にしたいと、考え方や暮らしを中心に、日々情報を発信中。

(スポンサーリンク)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

26歳会社員。
世の中をHappyにしたい。
アラサー会社員のHappyになれる考え方、暮らしを発信。

コメント

コメントする

目次